1. トップページ
  2. お悩み一覧
  3. 相続放棄っていつまでにしないといけないの?とお悩みではありませんか?

みなさん、こんにちは!
蒲生相続相談センター 代表の本上(ほんじょう)です。

相続放棄っていつまでにしないといけないの?

とお悩みではありませんか?

相続放棄は、亡くなられた方の相続人であることを放棄するお手続きです。

相続放棄には、期限があります。これからご説明させていただきます。

結論:原則、3ヶ月以内です

相続放棄の期限は、原則、お亡くなりになった日から3ヶ月以内に、家庭裁判所でお手続きをしなければなりません。しかし、自分が相続人となったことを知ってから3ヶ月以内という例外もあります。

例えば、親戚のおじさんが、亡くなっても通常は、相続人とはなりません。親戚のおじさんの相続人の方が、事故等で亡くなっていたりなどの、特別な事情で、ご自身が相続人になるケースがあります。そういう場合での例外となります。

また、相続放棄を検討されている方や相続放棄のお手続きが終わった方は、相続人と同じような振る舞いをすると、相続放棄が出来なくなったり、相続放棄が覆るケースもあります。

例えば、相続放棄を検討されている方や相続放棄のお手続きが終わった方は、当然、お亡くなりになった方の、銀行解約等のお手続きをしたりするのは、NGです。

ほかにも、一定のやむを得ない事情があれば、「その負債の事実を知ったとき」から3カ月以内であれば相続放棄の申し立てを認めるという最高裁の判例もあります。

それは、相続人だから、出来る行為になります。

お亡くなりになってから3ヶ月以内にお手続きをしないと、亡くなられた方の、財産や負債を相続してしまいます。

相続が発生してから、3ヶ月はあっという間に過ぎてしまいます。

そこで、亡くなられた方の財産、負債を相続するのか、それとも、相続放棄をしてその地位を外れるのか、専門家に相談してほしいのです。

専門家に相談した方がいい理由を、ご説明させていただきます。

理由:色々な角度から、相続放棄をした方がいいのか判断出来る

相続手続きは、法律です。なので、相続した方がいいのか、相続放棄した方がいいのかは、専門家に相談するのが、1番です。

例えば、亡くなられた方が、不動産をいっぱい持ってるとします。安易に、「不動産をいっぱい持っているから、売却すれば大丈夫だろう」と考えていたら、その不動産の買い手が全然見つからなかったとか、売れても全然思っていた価格と違うなどがありえます。

そうなると、プラスの財産より、マイナスの負債の方が、多くて、「やっぱり、相続放棄しておけば、よかった」となります。

私自身、そういうお客様を、たくさん見てきました。

専門家に相談しないで、相続放棄がすでに出来なくなってしまった例をあげさせていただきます。

具体例(相続放棄できなかった)

このケースは、相続人が2人でした。(お母様とお子様1人)

お父様が、お亡くなりになられて、お父様は、会社を経営されていました。昔は、従業員の方も多く、羽振りも良かったとお聞きしました。

お子様は、海外に住んでおられて、お父様の具合が悪いと連絡があり、日本に戻ってこられたようでした。

弊社に相談に来られた時は、お亡くなりになられて1年が過ぎていました。お子様からの相談だったんですが、「相続放棄をしたいんですが、出来ますか?」との相談でした。

相続放棄の3ヶ月以内という、要件は満たしていません。

相続放棄をする方には、必ず理由があるはずです。私は「なぜ?相続放棄をしたいんですか?」とご質問致しました。

すると、「お父さんの会社を継いで、経営していくつもりで、法人の代表者になったんですが、商売が上手くいかなくて、会社を閉じようと思うんですが、そもそも相続放棄出来るのかなと思って、ご相談に来ました。」とのことでした。

お父様は、会社経営で、多少、借金があったようです。ただ、商売をしていたら、借入をして、商売することは、よくあることです。

お子様は、更に金融機関から借り入れをして、商売を継続したけれど、上手くいかなかったから、相続放棄したいということでした。

一定のやむを得ない事情があれば、「その負債の事実を知ったとき」から3カ月以内であれば相続放棄の申し立てを認めるという最高裁の判例もあります。

しかし、今回のケースでは、それとは異なります。

結局、弁護士をご紹介し、倒産のお手続きを進める形となりました。

今回のケースでも、相続が発生した際に、専門家に相談をし、会社を継続するのか、相続放棄という判断を、その際に仰いでいれば、また違ったケースになったんじゃないかなと思います。

相続放棄って悪い事じゃないの?

相続放棄は、決して悪い事ではありません。道徳的に相続放棄してしまうと、亡くなった方との縁を切るイメージがあります。

しかし、相続放棄をすることで、亡くなられてた方は悲しむでしょうか?それよりも、ご自身の生活が苦しんだりする方が、亡くなられた方は、悲しまれるのではないでしょうか?

相続放棄をして、ご自身の生活を守る事は、悪い事ではありません。

再度結論:期限があるので、早期にご対応を

相続放棄の期限は、原則、お亡くなりになった日から3ヶ月以内に、家庭裁判所でお手続きをしなければなりません。

相談やお手続きを後回しにして、後悔のないように行動してください。

弊社では、相続放棄のサポートプランが、ございます。

蒲生相続相談センターのサービス

蒲生相続相談センターでは相続いらないプランを提供しています。詳細はこちらからご確認ください。

https://gamo-souzoku.com/houki

相続いらないプランでは、お亡くなりなられた方に借金や価値のない不動産があって「僕が借金を払っていかないといけないの・・・」「この不動産相続しないといけないの・・・」というお困りの方をサポートするプランです。

各専門家がトラブルを解決致します。

相談しにくい内容かもしれませんが、遅くなると解決できない問題になるかもしれないので、お早めにご相談ください。

無料相談はお気軽にご連絡ください

何を相談していいかわからないという理由で、問題を先送りにし、後からお困りになる方を多く見てきました。是非蒲生相続相談センターをご利用ください。専門家があなたを支えます。

フリーダイヤル 0120-892-102 受付時間:月〜金 9:00〜19:00 / 土日 9:00〜18:00 
定休日:水曜日