1. トップページ
  2. お悩み一覧
  3. 遺産相続の持分は法律で決まっています
亀の親子

みなさん、こんにちは!
蒲生相続相談センター 代表の本上(ほんじょう)です。

財産の分配方法でお悩みではありませんか?

相続で自分が受け取る財産の持分は、原則、法律で決められています。

もちろん当事者で自由に取り分を変更することは可能ですが、どのように決めたらいいかわからないというお悩みにお答え致します。

遺産分割

結論:法律通りに決めるのが1番

法律で決められている持分通りに、受け取られるのが1番揉め事も少ないと思います。

法律持分ですが、配偶者もお子様も、持分2分の1という持分に決められています。

仮に、配偶者の方がお亡くなりになられている場合は、お子様の数で均等割合になります。

わかりやすいように、例をあげさせていただきます。

オッケーのポーズをする男女

例①お父様がお亡くなりになられた場合(配偶者・子どもで相続)

相続人
配偶者様
お子様A・B・C
合計4名

配偶者様の持分⇨2分の1
お子様
の持ち分⇨A・B・C合計で2分の1

お子様は3人なので、
2分の1÷3⇨6分の1、6分の1、6分の1

となります。

例②お父様がお亡くなりになられた場合(子どもで相続)

相続人
お子様A・B・C
合計3名

お子様は3人なので、
1÷3⇨3分の1、3分の1、3分の1

となります。

なぜ、法律持分で財産を分配する方が、理由をご説明させていただきます。

財産について考える父と息子

理由:均等に財産を分配できるから

法律は原則、揉め事が起こらないように、均等に持分が決められています。

法律の持分は、相続人皆様の合意があれば、法律で決められた持分を変更することが出来ます。
その事を、遺産分割協議と言います。

相続人の中で、亡くなられた方の介護をしていて良く面倒みてくれたから、多めに分配したいと思う相続人様も少なくないです。

けれど、がめつく財産を欲しがる相続人様には、法律で決められた持分で解決しようとお話しするのが1番です。

その際に専門家に事前に相談して、話し合いの場に専門家に立ち会ってもらうというのは、問題解決には最適です。

専門家に立ち会って財産の分配を決定した具体例をあげさせていただきます。

見守る3人

財産の分配の具体例

相続人3名様のケースです。

亡くなられた方はお父様で、お母様は既に亡くなられていました。

お子様3人が相続人様です。

お父様はお1人暮らしだったんですが、相続人様のお1人が近くに住んでおられて、よくお父様のお世話をしにご実家に行かれていました。

お父様が亡くなられて、よくお世話をしていた相続人様から弊社にお電話がありました。

「お父さんが亡くなって、財産の分配で兄弟から話があって、今度話し合いがあるのでついてきてほしい」

との事でした。

承諾をして、法律で決められた持分は、持分3分の1が取り分になるとご説明をしたうえで、話しあいの場所に同席させていただきました。

お話を聞くと、

「お父さんの世話をよくやってくれたから、多めに財産をもらってくれ」

との事でした。

しかしご依頼主様は、

「私が、実家から近かったからたまたま良く実家に行っていただけで、法律の持分は3分の1づつだから、それが1番いい」

とお話されて、私も法律持分のお話をさせていただきました。

皆さん、法律で決められている持分があることを知らなかったので、法律で持分が決められている事を知ってびっくりしていました。

結果、皆さん法律の持分3分の1づつで、財産の分配を終えました。

満開の桜

再度結論:法律で決められた持分が揉めにくい

相続のお手続きは、法律で定められているので、それに沿って問題を解決するのが一番おすすめです。

法律で決められているんだからというお話です。

そして専門家に相談するというのが、早期問題解決には1番のうってつけです。

弊社では、相続問題に対して、サポートプランがございます。

ガッツポーズをする男女

蒲生相続相談センターのサービス

蒲生相続相談センターでは「相続トラブルプラン」を提供しています。

詳細はこちらからご確認ください。
相続トラブルプラン(交渉手続き)

相続トラブルプランでは、お亡くなりなられた方のご相続人間でのトラブルを解決するサービスです。

ご相続人間で金銭トラブル、財産の取り分などの不満がある方はご相談ください。

各専門家がトラブルを解決致します。

相続人間で揉めそうになっている、揉めている方はこのプランが最適です。

相続でのトラブルは、年々増加しています。
相談が少しでも早い方が、解決に繋がっているケースが多いです。

相談しにくい内容かもしれませんが、遅くなると解決できない問題になるかもしれないので、お早めにご相談ください。

こちらの記事もチェック!!

相続税を安くすることはできるの?

無料相談はお気軽にご連絡ください

   

何を相談していいかわからないという理由で、問題を先送りにし、後からお困りになる方を多く見てきました。是非がもう相続相談センターをご利用ください。専門家があなたを支えます。

フリーダイヤル 0120-892-102 受付時間:月〜金 9:00〜19:00 / 土日 9:00〜19:00 
定休日:水曜日