1. トップページ
  2. お悩み一覧
  3. 亡くなる前に何を相談したらいいの?
遺言・生前贈与対策は、大阪相続相談所の専門家にお任せください!

みなさん、こんにちは!
蒲生相続相談センター 代表の本上(ほんじょう)です。

今回の記事では、生前の相続のお手続きについてお話させていだきます。

亡くなる前に何を相談したらいいんだろう?

というお客様の疑問について、お話しさせていただきます。

結論

亡くなる前のご相続の事前対策と致しましては、大まかな項目では、

①遺言書作成

まだ、遺言書を作成されていない方であれば、遺言書作成のサポートをさせていただきます。

②生前贈与

お客様のお話を聞かせていただいて、生前贈与のメリット・デメリットをお伝えさせていただいたうえで、お客様にとって生前贈与のお手続きが最適なのかご判断させていただきます。

③後見人・家族信託手続

ご本人様が将来の認知症対策をお考えの場合、後見人制度・家族信託制度のご説明をさせていただきます。そのうえで、お手続きを選択される方にはサポートをさせていただきます。

④相続税の事前対策

現在お持ちの財産をリストアップして、現状であればどのくらい相続税がかかるのかシュミレーションさせていただきます。そのうえで、相続税を下げる可能性をお客様と一緒に検討していきます。

この4つが多いと思います。

理由

事前に動くことで、確実に将来へ向けて前向きな対策となります。

事前相談することで、何もしなくてもいいという判断になるかもしれません。

ただし、それは、事前に相談したからこそ、わかったことなので、その事前相談こそが、事前対策なのです。

具体例

この事例では、事前対策で相談された方のお話です。

結果から申しあげて、何も事前対策は行っていません。お客様は、相続税の事が不安で相談にお越しになられました。

お客様は、ご自宅と預貯金のみが財産で、現状の相続人は4名様です。

相続税が免除される非課税枠は、5,400万円です。

お客様の財産は、5,400万円を下回っていたので、現状であれば相続税はかからないという旨をお伝えさせていただいて、お帰りになられました。

これこそが、亡くなる前の事前対策だと思います。

お客様は、事前相談に来られなければ、相続税がかかると思いこんでいました。しかし、現状であれば、相続税はかからないですよとお伝えさせていただくと、とても喜んで帰られました。

知ってるか知らないだけで、同じ結果であったとしても全然意味合いは異なります。

是非、皆様にも事前に行動してほしいと思った事例の1つです。

事前に相談するだけでも費用は高いんじゃないの?

相談費用がかかる専門家もあると思います。ただ、無料相談をやっているところもあるでしょうし、30分までは無料というところもあるので、是非、事前に相談に行ってください。

会社によって異なるとは思いますが、相談費用だけでは、そんなに高額ではないという印象です。

再度結論

何を相談するかわからない場合であっても、ご本人様の状況をヒアリングさせていただくと、実は、とてもやるべきことがあったという事もあります。

事前に相談されることで、何かしらの将来へ向けての診断が出来ると思います。ご自身の将来の事や先に進みたいお客様は、是非、専門家にご相談ください。

逆に亡くなった場合の事を考えるのはいやというお客様には、亡くなる前の事前対策は合わないかもしれません。

蒲生相続相談センターでは、亡くなる前の事前対策について、サポートさせていただいております。

蒲生相続相談センターのサービス

蒲生相続相談センターではまるごと任せたいプラン(生前)を提供しています。詳細はこちらからご確認ください。

https://gamo-souzoku.com/all

まるごと任せたいプラン(生前) は、「 亡くなる前に何を相談したらいいんだろう? 」というお客様をサポートするプランです。

「亡くなる前に何を相談したらいいんだろう、でも何かしておきたい」と思っている方にはこのプランが最適です。


相続では、事前対策がすごく重要になります。後で動いて損をしてしまった方も多く見てきました。損をしたくない方は、事前に対策することをお勧めします。

遺言・生前贈与対策は、大阪相続相談所の専門家にお任せください!

無料相談はお気軽にご連絡ください

何を相談していいかわからないという理由で、問題を先送りにし、後からお困りになる方を多く見てきました。是非蒲生相続相談センターをご利用ください。専門家があなたを支えます。

フリーダイヤル 0120-892-102 受付時間:月〜金 9:00〜19:00 / 土日 9:00〜18:00 
定休日:水曜日