1. トップページ
  2. 解決事例
  3. 相続放棄の解決事例①(相続いらないプラン)

みなさんこんにちは。

蒲生相続相談センター代表の本上(ほんじょう)です。

普段、お仕事をさせていただいていて、お客様が「相続放棄って遺産放棄すること?」

と思われている方が、すごく多いと感じます。

今回は、「相続放棄って遺産放棄すること?」についてお話しさせていただいて、

また、相続放棄をご希望のお客様を、解決させていただきました事例をお話しさせていただきます。

結論:相続放棄と遺産放棄は違います

①相続放棄

相続放棄は、お亡くなりになられた方の相続人であることをやめてしまうお手続きです。プラスの財産だけではなく、負債についても支払う義務を逃れます。

②遺産放棄

遺産放棄は、相続人ではありますが、プラスの財産を放棄するだけです。なので、負債があれば、支払う義務が残ります。

①と②の決定的な違いは、相続人であるかないかということになります。

では、相続人ではなくなるということについてもう少し掘り下げていきたいと思います。

相続人でなくなるということは?

①亡くなられた方の預貯金を受け取る権利がない

相続放棄をすると、亡くなられた方の財産を受け取る事が出来ないので、預貯金、不動産、生命保険(受取人がご自身であれば可能)亡くなられた方の財産全般を受け取ることが出来ません。

②負債については払わなくて良い

相続放棄をすれば、亡くなられた方に借金があっても、支払う必要がありません。これが、相続放棄の1番のメリットと言えます。

③相続人と同じ立ち振る舞いをしてはいけない

相続放棄で1番難しいのがこの問題です。

相続放棄をされる予定の方や既に相続放棄をされた方は、意識してほしいのですが、相続人ではなくなるのです。

はっきりとした決まりはありません。

ただし、亡くなられた方の財産を使ってお葬式をしたりするのはやめてください。また、亡くなられた方の持ち物を持ち出したりするのもやめてください。

例えば、仏壇とかも相続人ではないので、持ち出したりするのは、グレーだと言えます。

亡くなられた方のご自宅に住まわれているお客様であれば、本来であれば、住む権利はありません。しかし、ご自身が相続放棄をすることによって、次の相続人が生まれます。

概ね、その相続人はご身内の方なので、その相続人とお話をして、賃貸契約を結ぶか無料で住まわせてもらうかというお話しになります。

もし、全ての関係者が相続放棄をすれば、ご自宅は、国の所有になります。そうなれば、国と話し合いをする必要があります。

相続放棄は、亡くなられた方の財産にまつわる一切の権利がないのです。

そして、相続放棄を既にされた方も、徹底してください。亡くなられた方の財産を使ったが為に相続放棄が覆る可能性もあります。

相続放棄は、お亡くなりになられた方の財産や持ち物と一切縁がなくなるお手続きだということを理解したうえでお手続きに臨まなければなりません。

具体例

では、実際に相続放棄のお手続きをさせていただいたお客様の解決事例を挙げさせていただきます。

亡くなられた方が、消費者金融でお金を借りていて払えないということで、弊社にご相談がありました。ご相続人は、お母様とお子様1人がご相続人です。

お2人でご相談に来られて、借金が1,000万円程あるので、どうしたらいいでしょうか?という内容です。

お話しを聞くと、お亡くなりになられてから1ヶ月位で、借金があるのは、わかっていたけれど、遺品整理をしていて、利用明細があり金額がわかったという事でした。

昔、商売をされていたので、その際の借金とお話を聞いていてわかりました。

お亡くなりになられた方の財産は、ご自宅のみで名義は、お母様との半分づつの共有名義です。手持ちの資料で、固定資産税評価額は、400万円位だとわかりました。

市場価格は、わからないですが、売却しても1,000万円にはならないだろうということだけは、明らかでした。

お亡くなりになられた方の財産が、負債より多いのであれば、当然、相続放棄をする必要がありませんし、不動産を売却して支払う事が出来るのであれば、その方向で検討していく必要もあると思います。

ただし、今回のケースでは、それは難しそうだったので、お亡くなりになられてから、3ヶ月以内であれば、

①相続放棄が可能だということ

②相続人ではなくなる旨、財産を受け取る権利がなくなる。しかし、負債を支払う義務がなくなる

以上の事を、お伝えさせていただくと「是非、お願いします」という事でした。

今回のケースでは、

①自宅が共有名義なので、誰の気兼ねもなく、お母様が利用できるという事

②お子様は既にご結婚されていて、持家があるということ

③仮に自宅に何かあったとしても、お母様をお子様の持家に転居することが可能ということ

以上の事情があったので、相続放棄のお手続きを進めました。

相続放棄をしないで済むのであれば、相続放棄をしない方向で、物事を考えて、どうしても相続放棄しか方法がない場合は、リスクを説明した上で、お手続きを進めるというのが相続放棄の考え方です。

その考え方に沿った相続放棄の事例でした。

相続放棄をしてもわからなければいいんじゃないの?

確かに相続放棄をして、負債のある関係各所に相続放棄の通知をした上で、財産のある銀行には、相続人として立ち振る舞うことは可能かもしれません。

しかし、相続人として銀行解約などをしたことが判明した場合、相続放棄したことが覆り、負債を背負うことになります。

何事もつじつまが合わないことは、すべきではありません。しっかりとリスクを把握したうえで、お手続きを進め、ご自身が行動したことに責任を持って、行動したことによって起こり得る結果を受け止める必要があると考えます。

相続放棄について掲載した記事がございますので、また宜しければこちらもご閲覧ください。

再度結論

相続放棄は、相続人としての権利や義務がなくなります。それは、とてもリスクがあるお手続きと言えます。負債がなくなるというメリットだけではなく、それに伴うリスクもしっかりと理解したうえでお手続きを進めていくべきだと思います。

蒲生相続相談センターでは、「相続放棄」のお手続きのサポートをさせていただいてます。

蒲生相続相談センターのサービス

蒲生相続相談センターでは「相続いらないプラン」を提供しています。詳細はこちらからご確認ください。

https://gamo-souzoku.com/houki

相続いらないプランでは、お亡くなりなられた方に借金や価値のない不動産があって「僕が借金を払っていかないといけないの・・・」「この不動産相続しないといけないの・・・」というお困りの方をサポートするプランです。

各専門家がトラブルを解決致します。

相談しにくい内容かもしれませんが、遅くなると解決できない問題になるかもしれないので、お早めにご相談ください。

無料相談はお気軽にご連絡ください

何を相談していいかわからないという理由で、問題を先送りにし、後からお困りになる方を多く見てきました。是非蒲生相続相談センターをご利用ください。専門家があなたを支えます。

フリーダイヤル 0120-892-102 受付時間:月〜金 9:00〜19:00 / 土日 9:00〜18:00 
定休日:水曜日