1. トップページ
  2. 相続お役立ちブログ
  3. 遺言書はいつまでに作ればいいの?期限や時効はあるのか
遺言書期限01

皆様、こんばんは!!

もう3月に入り、少し暖かくなってきましたね!

蒲生相続相談センターのほんじょうです。

今回、お客様に何気なくご質問を受けたので、お話させていただきます。

「遺言書には時効とか期限ってあるの?」

・・・・考えたことなかった。

お客様ありがとうございます。

それでは、レッツゴー!!

遺言書期限02

結論:遺言書には期限も時効もありません。

遺言書には、いつまでに作っておかなければいけないとか、古すぎる遺言書が使えないとかそういうことはありません。

そして、遺言書の時効というものもありません。

遺言書は何回でも作成出来ます。

ただし、気を付けておかなければいけないことがあります。

遺言書を何回か作成した場合、新しい遺言書が優先されるので、新しい遺言書の内容と抵触する古い遺言書の内容は、効力がなくなります。

そこだけ気を付けていただければ、ご自身の作りたいタイミングで何度でも、遺言書は作成することが出来ます。

あと、もう1つ要注意。

遺言書は、ご自身の判断能力があるから作成出来るものです。

ご高齢になって認知症になって、判断能力が無くなってしまっては遺言書は作成出来ないことを覚えていてほしいです。

遺言書期限03

まとめ

先ほどもお話ししたとおり、認知症になってしまっては遺言書を作成することは出来ません。

なので、早い段階から遺言書を作成することをおススメします。

だって、

「遺言書には期限も時効もないのだから・・・・。」

遺言書期限04

無料相談はお気軽にご連絡ください

何を相談していいかわからないという理由で、問題を先送りにし、後からお困りになる方を多く見てきました。是非蒲生相続相談センターをご利用ください。専門家があなたを支えます。

フリーダイヤル 0120-892-102 受付時間:月〜金 9:00〜19:00 / 土日 9:00〜18:00 
定休日:水曜日