1. トップページ
  2. 相続お役立ちブログ
  3. 遺言書で財産を引き継げなかったあなたへ!

こ~ん~ば~ん~わ~~~~!頭が良くなる本を買ったよ!BY 錦鯉(芸人)

先日、今年のM1グランプリの優勝者は、錦鯉さんでしたね!昔、芸人をしていたからもあるのですが、M1グランプリは毎年見てしまいます。本当に苦労して優勝を勝ち取ったお2人を見てもらい泣きしてしまいました!

おっと、元吉本芸人の蒲生相続相談センターのほんじょうです(肩書が長い・・・)

今回は、遺言書の中にご自身の名前がなくて、財産を受け取れない・・・とお悩みの方へお話ししたいと思います。

結論

遺言書があるから財産を引き継げなかったよ~~とうあなた!

大丈夫!遺留分があります。

相続人であれば絶対にもらえる権利というものです。相続人という地位があれば絶対にもらえるんです。

※兄弟姉妹がご相続人の場合はないんですが・・・・

遺留分とは

遺留分とは、例えば、配偶者と子どもが相続人の場合は、

  • 配偶者の遺留分…1/4(法定相続分の1/2の半分)
  • 子どもの遺留分…1/4(※それを子どもの人数で分ける)

という形になります。 

また、子どもがいない場合は、配偶者と両親が相続人になるので、

  • 配偶者の遺留分…1/3(法定相続分の2/3の半分)
  • 親の遺留分…1/6(法定相続分の1/3の半分)

という形になります。

注意事項

事項というものが、遺留分にはあります。

①遺留分侵害を知ってから1年

②相続開始から10年

なので、お亡くなりになってから、1年以内に他の相続人に請求してください。口頭でもいいですが、書面がベストです。(内容証明郵便)証拠として残るので。

でも、音信普通だったし、親の介護も見ていなかったよ

大丈夫なんです。音信不通であっても親の介護を見ていなかったとしても、法律で決められた権利なので大丈夫です。

再度結論

家族皆様が仲良く過ごしてくださっていれば、こういう問題が起こる可能性は少ないかもしれませんが、もし、遺言書ではじかれてしまって、あーー僕、私、の取り分ないやん。と嘆いている方は、このブログを参考にしてください。

無料相談はお気軽にご連絡ください

何を相談していいかわからないという理由で、問題を先送りにし、後からお困りになる方を多く見てきました。是非蒲生相続相談センターをご利用ください。専門家があなたを支えます。

フリーダイヤル 0120-892-102 受付時間:月〜金 9:00〜19:00 / 土日 9:00〜18:00 
定休日:水曜日